渋谷区の性病科(泌尿器科)です。婦人科/皮膚科/包茎/淋病/クラミジア/勃起不全の治療

大 中    ←文字サイズの変更    

(外陰・腟)カンジダ症

カンジタというカビ(水虫の仲間)によるもので、主に女性の腟と外陰部に痒みを引き起こし、おりもの(酒かす様)が増えるという症状です。
性病的な意味はあまりないのですが、治療によって症状がなくなっても完全にカンジダがいなくなるということは少ないため、再発を繰り返す事が多いです。
治療は腟錠とクリームを用いて行います。

腟トリコモナス症

トリコモナスという小さな原虫によって起こる病気で、主に性行為によって感染するといわれています。
汚い水っぽいおりものが増え、においや痒みを訴える女性が多いです。
クラミジアや淋病のように進行することはありませんが、いつまでも不快な感じが続きます。
治療は内服薬ですが、男性は症状が無くトリコモナスの検出が難しいため、女性が陽性の場合、同時に治療するのが原則です。

膀胱炎

本来は泌尿器科の病気ですが、男性にはあまり多くなく婦人科を受診される方が多い様です。
原因は尿道より入った細菌が膀胱に行って増えるために起こります。性病ではありません。
トイレへ行っても尿がまだ残っている感じがして(残尿感),またすぐにトイレヘ行きたくなる(頻尿)。尿が濁って時に血が混じる(血尿)。尿をする際、出始めよりむしろ終わりの方に痛みがある(排尿終末時痛)。以上がおもな症状ですが、いくつか当てはまったら早めに受診してください。放置すると腎臓に細菌が行って腎盂腎炎という病気になり、高熱が出て入院が必要となる場合があります。
抗生物質を7日程飲みますと治ります。